netenaide

筋力弱くたどたどしく何もわかってない

2021-09-25から1日間の記事一覧

ナイチンゲールよ、夢を見させて

『雪の女王』(1844)は、アンデルセンが三十代後半の頃の作品で、彼の童話の中では一番の長篇にあたる。執筆時の作家の年齢をゆうに越えた今、久し振りに読み返してみて痛切に感じたのは、ここに描かれていたのは克服しがたい失恋経験だったのではないかとい…